お知らせ・ブログ

Information / Blog

  • 院内のこと
  • コラム
  • 症状別治療内容

【法律事務所と連携】交通事故治療は当院へお任せください!ご相談もどうぞ☆〜当院はなぜ、早期治癒出来るのか?〜

当院は交通事故治療の患者さんも多くいらっしゃっています。

 

  • ○整形外科で電気治療やホットパックを続けたが変化が無かった
  • ○痛み止めを沢山飲み続けて胃が痛くなって飲めなくなった
  • ○シップを貼り続けて皮膚が負けてしまった
  • ○他の整骨院ではマッサージを漫然として貰っていたが変化がなかった
  • ○酷い痛みは取れけど頭痛、めまい、こわばり感が残ったままだった…etc.

 

このような訴えが多くを占めています。

当院での治療で何ヶ月経っても取れなかった痛みが、12回の治療でスッキリ取れたと実感された方も少なくありません。

しかしながら、しばらくは症状が繰り返してしまう方もやはりいらっしゃいます。

でも、だんだん症状が出なくなり、最終的には完治していきます。

 

当院は早期に改善、治癒出来る為、保険会社さんとも良好な関係を築けています。

なぜ当院は早期治癒出来るのか?

その答えは整復(矯正)にあります。

当院の整復とは

【生理的重力線からの逸脱を復す】

ことにあります。

事故の衝撃、日常の捻挫もそうですが、強烈なインパクトを受けた関節が本来の位置からズレ、整合性(アライメント)が崩れます。

 

これにより、関節は緩んだり、引っかかりが生じて本来の滑らかな動きが失われてしまいます。

人体の生理反応として関節がこれ以上緩まないようにしようと筋肉は緊張し続けます。

人の関節の数は個人差がありますが約230~360箇所くらいあり、すべて筋肉と密接な関係にあります。

関節の緩み 不安定性を整復操作にて取り除くと筋肉の張りは自然と取れることになります。

そして、整復を行って正常になった関節状態で当院の推奨している歩行を行うことにより、身体は生理機能を取り戻していく(治る)ことになります。

これが出来るか、出来ないかで治癒期間はかなり変わって来ます。

ここで簡単にイメージしてみましょう。

ドラえもんでおなじみの押入れの引き戸。

引戸とレールが噛み込んでいたり、ズレていたりするとスムーズに開閉出来ませんよね。

無理に行うとレールが削れたり、構造自体が壊れちゃいます。なにより開閉する際、力を使い疲れます。

この噛み合わせを調整するのが整復です。

そしてそれでも動きの悪い引戸にはレールにロウソクを塗ったりしますがその行為が歩行にあたります。

関節が不安定なままでは、周辺組織がどんどん悪くなり、回復は自ずと遅くなるのです!

交通事故はもちろん、軽い捻挫でも早期治療がいかに大切かが分かりますよね。

これぐらい大丈夫と放置せず、早め早めに関節を正常に戻してあげることが早期治癒につながりますよ。

また、当院は交通事故にも強い法律事務所とも連携しておりますので、お困りのことがありましたら、ご相談ください!

 

  • twitter
  • facebook
  • LINE